クレジットカードを使ったオンラインカジノの支払い方法
オンラインカジノでは、クレジットカードを利用した便利な支払い手段が存在します。クレカは使いやすい反面、入金を受け付けないことがあるなど不安定な方法です。手続き方法や注意点、それから将来性についてお話します。

オンラインカジノの支払い方法と言えば、ほとんどのサイトが「ecoPayz」をおすすめしていますよね。でも中には、新しく口座を作るのが面倒だったり、海外のサイトに登録することに抵抗がある人もいるでしょう。そんな方におすすめしたいのが、日本人にも馴染みのある「クレジットカード」を使った入金方法です。世界的に使われているだけあって、クレジットカードで入金できるサイトは非常に多くあります。しかし、この方法は非常に癖があるので、いくつかの点に注意しなければなりません。

クレジットカードは処理が弾かれやすい

普段のお買いものにも使いやすくて便利なクレジットカードですが、オンラインカジノの場合には支払いが上手く行かないケースがあります。支払いの選択肢として含まれているにも関わらず、実際に入金しようとすると無効になってしまうという報告がよく見受けられるのです。これは、日本人がギャンブルの際にクレジットカードを使用することを想定していないため起こると言われています。また、セキュリティ機能が無駄に働いて弾かれることもあったり、2回目以降の入金時に支払えなくなるようなパターンも報告されています。つまり、安定した支払い方法ではないので“即席の支払い方法”と言った捉え方をするのが無難です。カードの種類としてはVISAとMasterカードが通りやすく、JCBはほとんどのカジノで対応していないので注意しましょう。どうしても困った場合には、サポートに連絡することで解決することもあります。

 

勝ち金を受け取れないので注意!

クレジットカードは手軽な支払い手段ですが、勝負で増やしたお金を受け取るにはecoPayz等を利用する必要があります。つまり、長い目で見ればecoPayzの口座を開設することはほぼ必須級ということになるんですね。クレジットカードを利用する特別な理由がない限りは、ecoPayzを優先しましょう。例えば、触りだけやってみたい、報酬の受け取りはともかくプレイだけしてみたいといった初心者の方におすすめの方法です。勝負に勝つかどうかは分からない訳ですから、“とりあえず”の感覚でプレイする人にとってはちょうど良い方法かもしれませんね。

 

手数料や入金限度額について知っておこう

手数料や入金限度額について知っておこう
エコペイズを使う場合には手数料がかかりませんが、クレジットカードでは入金手数料が必要です。2~3%程度の少額ではあるものの、積み重なれば大きな損に繋がる可能性があります。何度も入金しているような状況であれば、ecoPayzを使う方が得です。また、クレカで支払いできる最大の限度額は300ドルくらいに制限されています。一度に大量のお金を移動しておきたい場合には不向きなので覚えておきましょう。

 

クレジットカードの支払い方法

有名な「ベラジョンカジノ」での例を元に説明します。

 

クレジットカード入金
1. サイト右上の「入金」より、専用画面へ移動します。

 

 

2. 専用画面が開くと、デフォルトの状態でクレジットカード決済画面が表示されます。MasterCardの場合は、上から3番目を選択しましょう。まずは、上にあるピンクのバーを動かして支払い金額を決めてください。手打ち入力も可能です。続いて、カード情報を入れていきます。はじめに、カードの表面に記載された16桁のカード番号をハイフンなしで入力しましょう。2段目の名義人も、カードに載っている名前をローマ字でそのまま入れてください。3段目の有効期限も同様です。4段目は、カードの裏面に書かれてある3桁の番号を打ち込みましょう。

 

以上で手続きは完了ですクレジットカード_カード
 

3. 金額や番号に間違いがないか確認したら、右下の「入金する」ボタンを押してください。以上で手続きは完了です!クレジットカードの場合は金額が即時反映されます。

未来は明るい?クレジットカードは徐々に使いやすくなっています!

クレジットカード決済の場合、カードの種類が原因で拒否されてしまうことがありますが、カジノ側のシステムが原因になっている場合も多くあります。支払いが弾かれてしまった際には、プレイするカジノを変えてみるのがおすすめです。クレカによる入金が不安定なサイトは、依然としていくつも存在しています。しかし、近年では海外からのプレイヤーを寛容に受け入れるために支払いシステムが向上しつつある状況です。時代の変化とともにオンラインカジノは世界中でプレイしやすい環境が整えられて来ているので、この先少しずつ支払いが安定してくると予測されます。日本でのカジノ法案に進展があれば、更に知名度が上がって使いやすくなって行くことでしょう。